アガリクスの菌株 ~~菌によって栽培方法が違います

「岩出101株」「ITO‐S株」「キングアガリクス(KA)21株」などがあって、この菌株の種類によって適した栽培方法が異なるという特徴があります。(つまり、自然露地栽培ができるのか、ハウスでしか栽培できないか、などの栽培条件が違ってきます)

世にあるアガリクス製品のほとんどは、日光を遮り暗く湿気の高いところで人工的にハウス栽培されたものや、タンクの中で菌糸体培養(キノコの根に相当するヒゲの部分を培養)したものが中心です。大自然の中太陽の光を浴びて育つ自然露地栽培アガリクスは栽培が非常に難しいため収穫量が少なく、市場にはなかなか出回っておりません。

カテゴリー: アガリクスの菌株   パーマリンク