トップ > 栽培条件の違い >

栽培条件の違い

大きく分けて、3つの方法で栽培されています。
1.ハウス栽培(暗所で栽培)
2.タンクの中で菌子体培養(キノコの根の部分を培養)
3.自然露地栽培
流通しているアガリクス製品の多くは中国、韓国、日本、台湾などの暗所のハウスで栽培されたものや、タンク培養されたものが中心です。ハウス栽培って聞くと、普通はトマトやイチゴなどを栽培するビニールハウスをイメージしますよね。でも実際は太陽の光を遮断した、真っ暗な小屋の中で栽培されています。
それに対して太陽の下で行う自然露地栽培はブラジル・サンパウロ郊外のスザーノ地方などで、ごくわずかにおこなわれているだけです。自然露地栽培アガリクスとハウス栽培品ではサイズがとても違っていて、ビタミンDやβ(ベータ)‐グルカンなどの有用成分の含有量も大きく違っています。気になる効果のほうですが、自然露地栽培したアガリクスはハウス栽培品の5倍以上も免疫力を上げてくれるそうです。ただ残念なことに自然露地栽培アガリクスは、天候の影響を受けるなど栽培が非常に難しいため、あまり市場には出回っていないようです。

アガリクス 栽培条件

コメントは受け付けていません。