トップ > アガリクスのデータ >

アガリクスのデータ

国立健康栄養研究所のホームページ「健康食品」の安全性・有効性情報に以下のようなデータがありました。

①2型糖尿病に1年以上罹っていて、薬を半年以上飲んでいる人にアガリクス抽出物を飲ませたところ、糖尿病に関する数値が良くなった。

②アガリクス(KA21)を1週間飲ませたところ、免疫力が上がった。

③抗がん剤を受けている子宮がん、卵巣がんの女性に品質管理されたアガリクスを飲ませたところ、免疫力が上がり、抗がん剤の副作用(食欲不振、脱毛、全身倦怠感など)が軽くなった。

④アガリクス(KA21)を3g、3か月間飲ませたところ、体重、BMI、体脂肪率、内臓脂肪率、血糖値が下がった。

⑤健康な人にアガリクス(KA21)を3g(通常の3倍量)、6か月間飲ませたところ、副作用はなかった。

簡単に言うと
「キングアガリクス(KA)21株」などの品質管理されたアガリクスは、免疫力を上げ、抗がん剤の副作用を軽くして、糖尿病や肥満などを改善した
ということでしょうか

また、東京大学や東京薬科大学から発表された最新の研究では、自然露地栽培アガリクスには肝臓を保護する作用や、ストレスを和らげ、心筋梗塞、狭心症、不整脈などによる心臓へのダメージを抑える効果などがあることが確認されたようです。

コメントは受け付けていません。