前立腺がん・高血圧・尿の出・風邪の回復体験談

前立腺がん、高血圧、尿の出、カゼ(70代男性)

昨年9月末のことです。もともと尿の出は悪かったのですが、その日は、朝から尿意はあるにもかかわらず、尿がまったく出なくなってしまったのです。しばらく様子をみていましたが、そのうちに、おなかがパンパンに張って、苦しくなってきました。とうとうがまんできなくなり、病院へ。尿管から管を入れて、尿をとってもらいました。その際、先生に「前立腺肥大かもしれない」といわれ、後日、精密検査を受けることになりました。

ところが、検査の結果、前立腺に1~2㎝大のガンが見つかったのです。幸い、転移はしていないとのことでホッとしたのですが、どんな治療を選ぶかで悩みました。というのも、私は76才の妻とふたり暮らし。彼女は介護が必要な身なので、食事の世話をはじめ、身の回りのことは、私がめんどうを見てやらなくてはいけないからです。

手術や放射線治療は、入院が必要なだけでなく、年齢的に副作用のダメージが大きいとのこと。娘と相談した結果、ホルモン療法を受けることにしました。これなら、月に一度、男性ホルモンを絶ち切るための注射を打ちに病院へ通うだけです。そして、ことし1月に入ってから、本格的な治療が始まりました。

治療を受けるにあたって、自分でもできるかぎりのことをしようと思い、民間療法や健康食品のこともいろいろ調べました。アガリクスがあることを知りさっそく、取り寄せて、今年の1月から飲み始めました。ちょうど、ホルモン注射を受けるのと同じ時期のことです。

すると、腫瘍マーカーの検査数値が、昨年11月は33.5、12月は35だったのが、ことし1月には29まで下がったのです。もちろん、ホルモン注射を1月から行っているのですが、アガリクスの影響もあるように思えてなりません。「このまま飲みつづければ、ひょつとしたら……」という期待を持つことができました。

この期待は裏切られることはなく、2月には腫瘍マーカーの数値がなんと8.5まで一気に下がり、3月は3.3、4月は2.8、そして6月の検査ではとうとう1.5にまで下がりました。

治療を受け始めたころは尿の出が悪く、痛くて苦しかったのですが、最近は夜中にトイレに行くことはあっても、ごくふつうに出るようになりました。

ところで、アガリクスを飲むようになってから、思いがけないことがありました。

じつは私は10年ほど前から高血圧で、5年前から薬を飲んでいるのですが、それでも上が150~160ミリまでしか下がりませんでした。それが、5月の検査のとき、140ミリ台まで下がっていたのです。以来、120~140ミリに落ち着いています。これも、アガリクスのおかげではないのかなと思っているんです。

それからもうひとつは、毎年冬には必ずカゼをひいていたのが、ことしは一度もひかなかったこと。寝込んでしまうと、妻のめんどうを見られなくなるばかりか、妻にまでカゼをうつしてしまい、たいへんなことになるので、これはとてもありがたいことです。

ガンの治療はもうしばらくつづきそうですが、これからも妻のためにも、頑張って治すつもりです。

コメントは受け付けていません。