肺がんの再発予防・手荒れの改善体験談

肺がんの再発予防、手荒れ(40歳主婦)

3年前の5月、なんだか体がだるく、通勤時に駅の階段を上り下りするのがとてもしんどくなりました。

市民病院で健康診断を受けたところ、右の肺に影があるといわれ、大学病院を紹介されたのです。

病院で検査を受けた結果、「右肺上部に早期で1期 の悪性腫瘍があります。手術をするのがいちばんいいでしょう」と、いわれました。ガンと聞いただけで頭の中が真っ白になる、とよくいいますが、私は生来の楽天家でのんき者。病院からの帰り道に友人の家に寄って、「肺にガンがあるんだって」とあっけらかんとしているものだから、友人のほうがびっくりしていました。

手術は8月13日。右の肺の上の部分を切除したのですが、術後の痛みもなくケロッとしていました。4日目には肺も元どおりの大きさになっていたそうで、25日の退院手続きの日に抜糸しました。

ガンとは思えないほどあっけない手術・入院で終わったのも、楽観的だったのがよかったのではないでしょうか。とはいえ、ガンはしつこい病気です。再発予防がたいせつ、と思っていたやさきの10月ごろ、テレビ番組でアガリクスがガンによく効くと紹介されていました。

一度飲んでみようと、アガリクスを購入。

結果は大成功!

肺ガンが再発しないのはもちろん、人前に出すのも恥ずかしいほどだった手荒れがすっかり治ってしまったのには驚きました。

「手荒れがひどくて、クリームをつけて病院へ行っても治りにくい場合は、内臓に小さなガンができていることもある」と聞いたことがありますが、私の手荒れもそのせいだったのかもしれません。

じつは翌年の4月に入って、アガリクスを飲むのを休んでいたら、4月末ごろ、また手荒れがひどくなってきたのです。

これはたいへん、とどんどん飲んだら、2日目にはすっかりきれいに治っていました。危機一髪。

これからもガン予防のために、ずっと飲みつづけるつもりです。

コメントは受け付けていません。